2015_12
25
(Fri)17:12

研修旅行

12月21日~22日に宮城県へ研修旅行へ。
震災記念公園は28日まで休館なのでその間に行ってきました。
仙台空港から先ずは塩竈港→松島港語りべクルーズ。
P1040521.jpg

                  P1040524.jpg
              語り部の横山さん、宮城弁での体験談と松島の案内をしてもらいました。

  P1040553.jpg
次は石巻市にて観光協会の髙城さん、バスに同乗して市内の被災地を案内してくれました。

                  P1040561.jpg
三つ目は石巻市の小学校の元先生、佐藤さんに学校の様子や校区の様子を語ってもらいました。

P1040586.jpg
翌日、南三陸ホテル観洋の伊藤さんがバスに同乗して、町内を回りながらの語り部。
          P1040601.jpg
高野会館、従業員の防災意識が高くお客さんを留めたほうが安全と判断し、バリケードを作り帰宅を止めた。
4階建ての屋上に全員避難し生き延びることができたが、制止を振り切って帰宅した方々は流されてしまった。
  P1040615.jpg
南三陸町防災対策庁舎、屋上を超える高さまで津波が押し寄せ、40名以上が流された。
住民に避難を呼びかけ続けた女性職員、そして交代で最後まで放送を続けた男性職員。
東日本大震災の津波の恐ろしさを伝える象徴的な建物の1つです。
この日の午後に町から県へ譲渡され保存され20年後にどうするかの判断が下されます。

震災公園従業員にとってこの研修は大変有意義でした。
気持ちを新たに震災を語り伝えていくとともに、学んだことを伝えていき、今後の防災活動を頑張って行きます。
また、20年間震災遺構を保存してきた者として、東北の遺構保存に協力していけたらと思っています。